ルミガン

ルミガンとキサラタンについて

日本でのルミガンは、まつげをより長く、濃くするための美容用品として知名度が高まっていますが、作られた本当の目的は緑内障の治療であり、現在も病院で処方される点眼液なのです。

緑内障を治すために、点眼液を使用することによって眼圧を下げてくれます。

眼圧とは眼の血圧のことで、これが低下すると緑内障が緩和していきます。

ルミガンは、こうしてアラガン社という製薬会社で誕生し、アメリカから日本にやってきたのは2009年10月で、医療の現場でも役立てられています。

ルミガンが開発される前、緑内障の治療に長年用いられていたのはキサラタンでした。

キサラタンは、1999年に作られた点眼液です。

キサラタンが誕生した当時は、緑内障の治療の分野において画期的な新薬であり、従来にはなかったタイプのプロスタグランジン関連薬として注目を集めました。

キサラタンが発表されるまでの緑内障治療点眼液にはなかった高い効き目を発揮し、ルミガンが作られるまでの長い期間、同系統の薬は生まれてこなかったのです。

ルミガンを使用すると、キサラタンを点眼したときと比較して、眼圧を大幅に下げる働きが確認されています。

ルミガンは患部にまで直接届くという特徴があり、これが高い効果につながっています。

点眼液といっても薬剤ですから、効果だけでなく副作用についても理解しておくべきでしょう。

ルミガンを使用した経験がある方は、きっとご存知ですが、点眼すると目が充血します。

飲み薬などの副作用は、体の中から異変が生じるものが多いですが、ルミガンは白目部分がすぐに赤くなりますから、すぐにわかります。

充血する点眼液というと、心配に思われるかもしれませんが、眼圧を確実に低下させる効果は発揮されているはずです。

なにより、緑内障の症状にしっかりと現れますので、使用した患者さんが一番ルミガンの効果を実感されることでしょう。

これからも、緑内障の患者さんの心強い味方になってくれる点眼液です。

ルミガン通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ