ルミガン

ルミガンの添付文書のポイント

日本においてルミガンは、処方箋がないと購入できない医薬品です。

病院で診察を受けてから、ルミガンを購入するとき、直接医師が使い方を教えてくれますので、ルミガンの添付文書を読む必要もないでしょう。

ルミガンを自分で個人輸入したり、ネットショッピングで買った場合には、誰も説明をしてはくれません。

日本のネットショッピングの場合、日本語に概要を訳した添付文書がついてくるようです。

ルミガン点眼液0.03%の添付文書には、どのような内容が記載されているのでしょう。

ルミガン点眼液0.03%は、含まれているビマトプロストという成分の割合が関係しています。

添付文書によると、1mLのルミガンの分量に対して、0.3mgのビマトプロストが入っているということです。

全体の0.03%の割合で、まつげを濃くする作用を持った成分のビマトプロストが配合されています。

添付文書の内容によれば、プロスタマイド誘導体、高血圧治療剤・緑内障治療剤のビマトプロスト点眼液と書かれています。

ビマトプロスト以外のルミガンの添加物としては、塩酸、水酸化ナトリウム、リン酸水素ナトリウム水和物、クエン酸水和物、ベンザルコニウム塩化物、塩化ナトリウムだそうです。

ルミガンが治療剤であることから、薬を使用したときの副作用についても、添付文書には項目が設けられていました。

臨床試験を実施した結果が、記載されています。

副作用というと、使用に不安感を持たれる方も多いでしょうが、ルミガンの場合は、まつげを長くする、濃くする、太くするなどの内容です。

まつげのボリュームを増やしたい女性にとって、望む要素が並んでいます。

ルミガンのまつげ効果は、そもそも緑内障点眼液の副作用から発見されたので、当たり前かもしれません。

たとえば、まぶたの多毛症と記載されていますが、毛を増やしたいまつげの付け根に塗布するものなので、うれしい効果といったところです。

これらの副作用は、使用を止めることによって解消されると書かれています。

ルミガン通販

商品について

上記で紹介している会社さんの商品は100%正規品・満足度・配送保証が付いていてとても安心して購入できます。処方箋も不要だけでなく手数料や消費税も0円です。また、郵便局留めにも対応してくれて配送の梱包も中身が推測できない箱になっていて配慮が出来ていて安心できます。

このページの先頭へ